トップ

理想のソファを予算内で

新居では憧れのソファで

憧れのTRUCKのソファ

結婚した。ついに自分にも家族ができた。これから二人暮らしがはじまるんだな。自分がこれまで当たり前に住んでいた、マンションでの一人暮らしから、同じ空間で二人暮らしが始まるわけで。ここに彼女から奥さんになった女性と、一つ屋根の下暮らしをスタート。ふたりで、肩寄せ合ってこじんまりと暮らしていくのもいいよなぁ。

と、はじめは思っていたけど、さすがに二人暮らしには今までの部屋は向かない。狭すぎる。自分ひとりで好き勝手使っていた時とは、勝手が全く違う。奥さんの必需品も、洋服も、家具もそれからいろいろと、とにかく二人暮らしするにはスペースが足らない。

という事で、新たな生活をスタートさせるために、引っ越しを決意!やっぱり夫婦二人で暮らすなら、このくらいのスペースはいるでしょ!といえるほど超ゆったりなマンションじゃないけど。

これくらいの広さがあれば大満足!なリビングも実現しました。ここに二人で帰ってきたら、ゆるりとした時間を過ごすことができるわけだ。何とも至福のとき。そして、二人でリビングタイムをくつろぎ満喫するために必要なアイテムが。

大きなソファ!仕事で疲れて帰ったら、そのまま倒れ込みたくなっちゃうようなバフッと身をあずけられる大きめのゆったりソファが欲しい!!!どっしり体を沈めて脱力しちゃうような。そして、そのままごろんと寝ちゃうような。

そんなソファを窓際に置いて、外の景色をぼんやり眺めながら、一日の仕事終わりに完全家モードにスイッチを切り替える。そしてとなりには、奥さんがこれまた一緒にバフッと体をあずけられるくらいの、二人で座ってゆったりサイズがベスト。理想だ。そんなくつろぎ生活良すぎる!!

そんな理想のソファは、実はもう「これだよね」と心に決めたものがあって。それがTRUCK(トラック)。ここのソファに完全一目ぼれしてしまった。

きっかけは毎週見ているテレビ、「男子ごはん」。男性が見る料理番組が好き、というよりは、この番組で出てくるインテリアや小物アイテムがとっても自分好みで、見る度に家具やインテリアにも注目していた。

そこで紹介されていたとあるご夫婦が作る家具。彼らが作る家具は、もう20年もつづけているという唯一無二のこだわりアイテムばかり。

“「TRUCK FURNITURE」の創業者はご夫婦の黄瀬徳彦さんと唐津裕美さん。大阪生まれの家具屋として創業されました。以来、流行に流されず自分たちが欲しいと思う家具をずっと作り続けています。
出典:TRUCK(トラック)の家具。その魅力とおすすめ商品まとめ | iemo[イエモ]

ハイセンスとは、デザインや飾りけを取り去ったライフスタイル重視の事なんだ。なんて、TRUCKの家具を見るとためいきばかり出ちゃうほど、シンプルで計算しつくされたものしかない。

そして、このソファ以外に考えられない!と衝動的に思ったのがSOFA FK。番組に最初のころ登場しているケンタロウさんのために作った、ざっくりしてボフッ、を形にしている。もう、現物が見たくてしょうが無くなったので、旅行を兼ねて二人で出掛けちゃいました、大阪に。

ショールームで見て、やっぱりいいよね・・・これだよね。そう思ったけど、一気に現実的な価格と直面。大阪発TRUCKソファ、送料込39万円也。あぁ、ためいき吐露。絶対欲しいけど絶対無理。どうする自分・・・。はるばる大阪にきて、悶々と憧れを強くしちゃった上に、やっぱり買えない現実も付きつけられた気分。そこで考えたのは「どうにか安く買えないか」。

インテリア通の知り合いに相談してみたら、アウトレットという言葉が出てきた。その発想は無かったぞ。それだ、それ。アウトレット!欲しくて仕方ないSOFA FKは無理でも、それに近いものが絶対欲しい!知り合い曰く、使い倒した中古のファニチャーだけじゃなくて、展示品のような新品に近いものもアウトレットで購入できるらしい。

ほぼ未使用で、理想に近いものを探しだせば良いじゃないか!そして手の出せそうな値段の物に出会えれば、これほど素晴らしい事はない!!!

Copyright © 新居では憧れのソファで All rights reserved